fc2ブログ

スマホ革命

マッタリ更新していきたいと思います。

Xperia XZ2 compact

・ついに書く時が来た。
こんにちは。先日記事に書いたXperia XZ2がもうすぐ発売されますね。
今日はXperia XZ2 Compact(以下XZ2 C)を見ていきます。
iPhone SEも様々な噂が飛び交っていますのでそちらもいずれまとめていきたいですね。

早速XZ1 compact(以下XZ1 C)と比較していきます!
今回もXZ1 compactとの比較をしていきたいと思います。
まず見た目を比較していきたいと思います。
まずXperia XZ1 Compact


次にXperia XZ2 Compact


見た目がXZ2の時と同じように大きく変化しましたね。
XZ1は指紋認証機能がが右サイドに存在する電源ボタンにありましたが、今回からは背面に変わりました。
XZ1の位置の方が指紋認証機能を使いやすい気がしてならないのですが、何を思って背面に変更したのでしょうかね?僕にはわかりません。
機種約4.6インチ約5.0インチ
OSAndroid 8.0Android 8.0
画面サイズ約4.6インチ(HD:720×1280)約5.0インチ(フルHD+:1080×2160)
サイズ(高さ×幅×厚さ)約129㎜×約65㎜×約9.3㎜(最厚部 約9.5mm) 約135㎜×約65㎜×約12.1㎜
CPU2.45GHz(クアッドコア)+1.9GHz(クアッドコア)オクタコア2.8GHz(クアッドコア)+1.8GHz(クアッドコア)オクタコア
RAM4GB4GB
ROM32GB64GB
背面カメラ1920万画素 1920万画素
インカメラ800万画素500万画素
バッテリー容量2700mAh2760mAh

全体的に順当な性能アップ!って感じしていいですね。
画面側のインカメラはXZ1 Cの方が良かったみたいですけど。
これもインカメラでの需要が無いと判断されたのでしょうか?
自撮りをよくする方はXZ1 Cの方がいいのかもしれませんね。
サイズが6mm縦に大きくなって表面が画面だらけになった感じですかね。
画面が大きくなっただけあって片手での操作がどうしても難しくなる方も多いのではないでしょうか。
画面のサイズはXZ1と0.2インチしか変わりませんからね。
そう考えると今までXZ1やZ5系統を購入されていた方はこちらを買っても小さくなって便利かもしれませんね。

総評
今回のCompact系は順当な性能アップ感があって個人的には好きですね。
夏服はポケットが小さいズボン等もあるので大きさが変わらず5.0インチなのはありがたいのではないでしょうか?
一方、大きさはあまり変わっていないに関わらず、画面サイズは大きくなりました。
Compactユーザーは今まで片手操作に慣れてた方も少なくないのではないでしょうか?
それが大変になる可能性もありますね。そこは覚悟が必要です。
XZ1やXZ、X5ユーザーからすれば大きさが小さくなり、画面サイズがあまり買わない機種と考えるとCompactシリーズに乗り換えてもいいかもしれませんね。
ただ、Compactはdocomoで買うかSIMフリーを購入するかしか日本での入手方法はありません。
その点を注意してください。
僕が今回出る夏モデルで一番欲しいと思う機種はこれですね。
しかし、どうしても4.6インチが良いと思う方はXZ1 Cでも全然問題ないと思います。




ランキングご協力お願いします。
スポンサーサイト



Xperia XZ2発表!!

Xperia XZ2 発表!?
Xperia XZ2が発表されました。
何より今回はXperia XZ1からデザインが大きく変更されました。
あくまでも僕視点でのお話をさせていただきますが、正直ダサいです。
そう言ったことは後に詳しく説明していきます。

今回発表されたXperia XZ2シリーズ
今回発表されたXperia XZ2系統の機種はXZ2、XZ2 Compact、XZ2 Premiumが発表されました。
どのモデルもデザインが一新されました。
画面サイズがXZ2が5.7インチの画面比率が18:9モデル、XZ2 Compactが5インチの画面比率が18:9モデル、XZ2 Premiumが5.9インチの画面インチが16:9モデルとなっております。
Compactのサイズが大きくなりました。XZ1の時代は4.6インチだったのでかなり大きくなりましたね。
今回の詳しく紹介していくのはXperia XZ2になります。その他は後日で。ちゃんと更新しますよ?多分…

XZ1 vs XZ2〜見た目編〜
今回はXZ1とXZ2の2つの機種を比較していきます。
なんせ、XZ1はサボっていてこのブログでは紹介していませんから。はい。
・見た目が大きく変わった

Xperia XZ1です。シンプルで格好いいですね。
背面もカメラ等が上に全て収まり、シンプルにまとまっていてXperiaと言ったらこの背面!って感じる方も多いと思います。

次にXperia XZ2です。

今までにないXperiaのデザインとなっておりますね。
正直、最初見た時昔のAQUOSやARROWSにどことなく似ている気がしてなりませんでした。
昔の方が格好良かったですね。

XZ1 vs XZ2〜スペック編〜
では、まず表を見比べてみましょう。
機種XZ1XZ2
OSAndroid 8.0Android 8.0
画面サイズ5.2インチ5.7インチ
CPU2.45GHz(クアッドコア)+1.9GHz(クアッドコア)オクタコア2.8GHz(クアッドコア)+1.8GHz(クアッドコア)オクタコア
RAM4GB4GB
ROM64GB64GB
背面カメラ1920万画素1920万画素
インカメラ1320万画素500万画素
バッテリー容量2700mAh3060mAh

やはり画面が1回り大きくなったことが一番の違いでしょうか。
そして、インカメラの画質が落ちました。
画素数だけでは一概に悪くなったと決めつけるのはよろしく無いのでしょうが、「あまり需要がなかった」等の可能性もありますね。
自撮りをよくする人には「Xperia XZ1」を視野に入れるのもわるくないのではないのでしょうか?

CPU性能を比較するとXZ2の方が良くなった!一方、画面サイズや重さも1回り大きくなり昔のXperia Z Ultraを思い出しますね。

総評
今回の新モデルは5.7インチになり、縦に大きくなったようです。
今の時代は片手操作より、両手操作が主流なのでしょうかね?
「iPhoneが変わればAndroid機種も変わる」の方程式は僕がサボっている間も健在だったのでしょうかね。
自分はサイズが小さい時の方が好きでしたが、iPhoneが3や4から5になった時も、5から6になった時も「大きくなって使いにくくなったことないか?」と感じていましたが、
結局サイズに慣れてしまっていたことも考えると「サイズ云々は慣れの問題なのかな?」とも思ってしまいます。
今は正直にXZ1の方が良いと思いますが、2年契約と考えるとXZ2でもありかもしれませんし、今機種変更するのは吉ではないかもしれません。
背面の画素数も2年前の方が良かったですし。

今回はこんな感じになります。
後日、XZ2 Compact, Premiumも紹介していきます。





ランキングご協力お願いします。

Galaxy S9

先日、日本でも発売されましたね。

Galaxy S8をこのブログで紹介していなかったので今回は差を比較していきます。
まず、見た目ですね。
Galaxy S8


Galaxy S9


画面側から見ると少しスリムになった感じです。
背面は多少指紋認証センサーの位置が変わりはしたものの、シンプルな作りに変わりはありません。

機種S8S9
CPUオクタコアCPU
(2.35GHz×4 +1.9GHz×4), 64ビット、10nm プロセッサ
オクタコアCPU
(Quad2.8GHz + Quad1.7GHz), 64-bit, 10nm プロセッサ
メモリ(RAM)4GB4GB
ROM64GB64GB
OSAndroid 7.0Android 8.0
背面カメラ約1220万画素(デュアルピクセル)約1200万画素(デュアルピクセル)
インカメラ約800万画素約800万画素
バッテリー容量3000mAh3000mAh
対応センサー虹彩認証用赤外線センサー
気圧センサー
加速度センサー
指紋センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
ホールセンサー
心拍センサー
近接センサー
照度センサー
虹彩認証用赤外線センサー
指紋センサー
心拍センサー
気圧センサー
ジャイロセンサー
近接センサー
加速度センサー
地磁気センサー
照度センサー
バロメーター
ホールセンサー

重さは11g変わっていて、S8が150gに対してS9が161gと少し重くなっております。
表に入りきらなかったので補足で書いておきますね…


全体的に見て、CPUの最大処理性能は上がりましたね。

しかし、バッテリー容量が全く変わらない3000mAhなので省電力ではない最大処理の状態でどれくらいの時間持続することができるのかが気になりますね。
どちらもUSB-Cで充電が可能となっております。

一方でカメラの画素数は大差ないですが微妙に下がっていますね。
カメラは画素数だけで一概に悪くなったということではないようですね。
しかし、今の時代カメラの写りを気にする方は結構多いのではないでしょうか?
今回は「デュアルアパチャー」という「カメラ撮影時の光の自動調節」がS9から搭載された新しい機能のようです。
この機能に相当の自信があるのでしょうかね。
気になりますね。

そこまでカメラ性能を気にしてない人にはS8でいいのかもしれませんね。
幅が若干狭くなり、持ちやすくなっている等もあるようなので一度お店に行って触ってみてはいかがでしょうか。





ランキングご協力お願いします。

今のスマホは何がお勧め?

きちんと早めに書いていきますよ!!
今回でサボっていた分を制裁するぞ!!
はい、こんばんは。
昨日はスマホのOSについて書きました。
細かい所を書くと小難しくなってしまうのであえてざっくり書いてみましたがいかがだったでしょうか。
では、今回は順位形式ではありませんがスマホ本体のことについて書いていきます。
「今何がおすすめ?」なのかをジャンル別?に書いていきます。

電話、メール等の基本的な機能としたビジネス重視
・iPhone 8

優れポイント
・OS的に基本的なバグが少ない
・スマホの中では比較的シンプルな作りで使いやすい
・指紋認証で簡単ロック解除

残念ポイント
・背面がガラス仕様な為、裏が割れる可能性あり
・新モデルなのに上位モデル(iPhone X)がある


iPhone SE

優れポイント
・サイズが小さく持ち運びが楽(4.0インチ液晶)
・ほとんどの操作が片手でできる
・指紋認証で簡単ロック解除

残念ポイント
・機種的には結構古いモデルになってしまう


iPhone X

優れポイント
・画面が広い為、サイズの割に大きい液晶が搭載されている
・FaceIDで顔面を認識してロック解除できる

残念ポイント
・FaceIDは花粉症などの関係でマスクをつける人には圧倒的不向き(マスク外さないと認識しない)
・液晶の形がいびつ
・操作が過去iPhoneと多少異なる為、なかなか慣れない(ホームボタン無いなど)


こちらが普通に使うだけの人にお勧めです。
iOSがいいです。
正直に書くと上からお勧めです。
iPhone Xは珍しさ的には話題にできたりいいかもしれませんが、個人的に操作性的にあまりお勧めしたくないです。



画面の中をカスタマイズして完全自分好みにしたい方にお勧め
Xperia XZ1

優れポイント
・日本メーカーの中では比較的安定している
・音質も良く、カメラ画質も良く、こだわる方にはお勧め

残念ポイント
・Androidなので熱を持ちやすい


Galaxy S8

優れポイント
・世界的にシェア率が高いSumsung
・全てにおいて安定以上の性能を持っている

残念ポイント
・Androidなので熱を持ちやすい
・少し前にあった爆発事故でメーカー的に不安


この2機種がお勧めです。
今のAndroidはこの2機種が2トップなのではないでしょうか。
Xperiaの画質の高さには今でも驚かされますね。
Galaxyもちょっと怖い部分がありますが、さすが世界で戦えるスマートフォンって感じですね。



ゲームをメインに考える方
・iPhone 8 Plus

優れポイント
・OS的に基本的なバグが少ない
・ゲームで固まる心配が基本的にはない

残念ポイント
・不具合の修正版が実装されるのが少し遅い


iPhone X

優れポイント
・画面が広い為、サイズの割に大きい液晶が搭載されている

残念ポイント
・画面の形がいびつな為、表示されきっていない部分がゲームによってはある
・対応しているアプリはあるもののバグがある可能性も


正直、ゲームはiOSが一番安定しています。
パズドラやモンストでさえ、比べれば一目瞭然ですが、もっと差を見るには白猫プロジェクトなどのグラフィック要素の高いRPGゲーム等をやるとすぐわかります。


今回は用途別に機種を比較してみました。
正直、よっぽどの拘りがない限り、iPhoneをお勧めします。
Androidもかなり良くなりましたが、まだバグが多いです。
まだiOSより安定しているとは思えません。
全てにおいて平均点以上を叩き出し、さらにOSが安定している面でiOSをお勧めします。
今回は今、お勧めの機種編でした。


ランキングご協力お願いします。

今のスマホは何がオススメ?「序章、OS選び編」

しばらくWindows OSの記事ばかり書いてしまいましたね。
タブレット端末でパソコンのOSが使える今、どこまでがパソコンでどこまでもスマホなのかの判断が難しい時代になりましたね。そう考えているのはだけかもしれませんが…

今回は今までサボっていた分を1つの記事で制裁できるようなまとめ記事です。
今までサボってた分の記事を1つ1つ更新するのは大変ですからね

まず、OSの特徴を把握しておきましょう。
・iOS
世界では2桁行くかのシェア率にも関わらず、日本では半分を占めるシェア率を誇っているOSですね。
「海外では高級品なのに日本では安売りしすぎている」との意見があります。
しかし、キャリアの割引を差し引いてももっと安いスマホは今時あふれています。
にも関わらず日本では人気ですね。
ケース等の外部アクセサリが豊富な点は大きいですね。
海外ではケースに入れてるところを日本よりは見ないですね。

iOSでの利点を以下にまとめてみます。
・操作の安定性が凄い
操作上でiOSで右に出る操作性のOSは僕の知る限りではないですね。
ネットサーフィンするときもホームでの操作も設定を変える必要がなくとても安心して使用することができます。

・設定が単純
OS上でのできることが少ない分、簡単に使用できます。
「誰でも」は言い過ぎかもしれないですが今の若い方からすれば他のOSより比較的簡単に操作することができます。


逆に悪い点を挙げていきます。

・操作を細かくカスタマイズすることができない。
細かく自分好みにカスタマイズすることはできないので細かく自分好みにしたい人にはあまり向いてない気がします。

・アプリの反映が遅い
アプリの新機能はiOSが早いですが、アプリのバグ修正等が入った場合はiOSの方が遅いです。
これはOSアプリの審査云々ありますが、遅くなってしまいます。

・Android
シェア率が世界的には一番多いOSです。
メーカーも沢山のメーカーがこのOSでの機種を出しているため、自分の好きな機種を選ぶことができます。

Androidでの利点をあげていきます。
・操作のカスマイズが比較的自由
「この操作をするとこうなるようにしたい」や「ホーム画面のアプリアイコンを変えたい」など細かい細部の設定を気にする方にはかなりオススメのOSになります。

・急成長で機能が多くなった
ここ最近のAndroidの快進撃は凄いです。
iOSにできることはAndroidでも出来る場合が多くなっているのではないでしょうか。


逆に悪い点をあげていきます。
・操作が難しい
色々な設定を変えれてしまうので「勝手に変なところ触って設定がかわってしまった」となってしまうケースがその分多くなってしまいます。

・機種全般的にバグることが多い
中にはバグらない機種もあると思いますが、OSを作成している会社と機種を生産している会社が違うので相性云々の問題等で変なバグがおこることが多々あります。

思ったより長くなってしまったので記事を分けて作成していきます。
今回は「序章、OS選び編」になります。

次も早めに更新して行くので次回「それぞれのオススメの機種」


iPhone・攻略ブログ

ランキングご協力お願いします。